ゆるシャキLIFE

日々の暮らしにまつわるモノ・コトをお届けするライフスタイルメディア。

海外取引所

Huobi(フォビ)取引所が日本人(日本在住)の利用禁止を発表!

投稿日:2018年6月27日 更新日:

Huobiフォビ・ロゴマーク

 

こんにちは!仮想通貨ウォッチャーのマサヒロです。

本日6月27日、世界最大級の仮想通貨取引所Huobi(フォビ)Huobi Pro 運営)が、公式サイトで、日本人(日本国在住者)のサービス利用停止を発表しました。

 

Huobiフォビ日本人利用禁止
※「Huobi」取引所より

 

確かに、Huobi(フォビ)の公式サイトを見てみると、まず初めに、ディスクレーマー(免責注意事項)と題された上の文章が目に入りました。

これを見る限り、日本人(日本国在住者)の利用禁止が実行されることは、間違いないようです。

 

具体的には、来月7月2日に、公式サイトの日本語訳ページが削除され、日本人(日本国在住者)のサービスも停止されるとのこと

具体的な取引・送金停止のタイミングについては、詳細な内容が決まり次第、発表やユーザーへの連絡があるようです。

いずれにしても、このHuobiに、コインを預けている日本国在住の日本人利用者は、早めに、別の取引所に送金したり、ウォレットに移す必要がありそうですね。

 

それでは、続けて、このニュースを踏まえて、海外取引所による日本人(日本国在住者)向けサービスの利用禁止に関する件について書きましたので、興味がある人は、ご覧ください。

スポンサーリンク

 

Huobi(フォビ)取引所が日本人(日本在住)の利用禁止を発表!

Huobi(フォビ)は世界最大級の仮想通貨取引所

Huobi(フォビ)と言えば、バイナンス(Binance)OKEx(オーケーイーエックス)などと並んで、世界の仮想通貨取引所の中でも、仮想通貨の取引量(出来高)が、常に上位に入っているような取引所です。

ちなみに、本日6月27日15時頃時点で、直近24時間の取引量ランキングは、下の画像の通り、世界第5位でした。

 

Huobi取引量ランキング

 

また、Huobiと言えば、中国系の仮想通貨取引所のイメージですが、このディスクレーマーの文章を見る限り、登記上の本社は「セイシェル(セーシェル)共和国(英名:Republic of Seychelles)」という国にあるようです。

 

セーシェル共和国とは、インド洋西側に浮かぶ、115の諸島からなる共和国で「インド洋の真珠」と呼ばれるくらい美しい景観を見ることができるそうです。

確かに、「セーシェル共和国」で画像検索をかけると、本当に美しい海岸や海辺の様子を見ることができます。

 

そして、このセーシェル共和国は、タックスヘイブン地域としても人気が高いようですので、Huobiの登記上の本社をこの国にしている理由は、そこにありそうですね。

実際に、Huobiは、シンガポール、香港、日本、韓国に支社があり、ヨーロッパ進出の拠点先として、ロンドンにも事務所を構える予定とのこと。

 

今回は、そのHuobiが、日本国在住日本人の利用禁止を発表したわけですが、これは、ある程度、予想されていたことです。

スポンサーリンク

 

今年3月に「Binance」6月に「HitBTC」が日本人の利用を禁止

海外の仮想通貨取引所利用禁止

 

今年3月には、世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が、日本の金融庁から、日本国内、及び、日本国在住の日本人向けの営業禁止の警告を受け、その後、利用禁止となりました。

また、同じように、今年6月には、イギリス拠点の海外仮想通貨取引所大手のHitBTCも、日本人(日本国在住者)の利用を禁止しました。

 

なぜ、このような措置がなされるのかというと、それは、日本の金融庁による海外取引所への警告が要因とされています。

 

日本では、昨年4月から、仮想通貨は資金決済法上の定義に該当するということを取り決めたため、仮想通貨交換業という登録制度に基づく許認可を受けないと、日本国内での営業活動ができないということになりました。

具体的に言うと、現在は、日本では「ビットフライヤー」や「Zaif」「QUOINEX」などの仮想通貨交換業として認められた16ヶ所の取引所しか、日本国内での営業が認められていません。

 

その延長線上として、日本の金融庁は、この法律を盾にして、海外の取引所に関しても、日本人(日本国在住者)が利用することを禁止するように警告していて、それに応じる形で日本人向けのサービスを停止する取引所が増えてきているというわけです。

現在のところ、今後も、このような金融庁による警告や規制の流れは変わらないと思いますので、海外の仮想通貨取引所を利用している人は、今回のHuobiの件のケースのように、注意が必要になってくるでしょう。



おすすめ記事と広告

-海外取引所
-, , , ,

Copyright© ゆるシャキLIFE , 2019 All Rights Reserved.