ゆるシャキLIFE

日々の暮らしにまつわるモノ・コトをお届けするライフスタイルメディア。

おもちゃ 100円ショップ

100均で子供の粘土遊び道具&ねんどでおべんとうセットのレビュー

投稿日:2018年6月7日 更新日:

粘土遊び

以前、園で小麦粉粘土遊びをしたときに、その感触が苦手だったのか嫌がって泣いた娘。

そのため、家であえてすることもなかったのですが、急に家で粘土遊びがしたいといい始めました。

園で遊んで、今回は楽しめたようです。

そのため、100円ショップのセリアに行って、取り急ぎ、粘土遊びの道具を調達してきました。

もしじっくり遊ぶようなら、また追加で何かを足そうと、とりあえず簡単に道具を揃えることにしました。

100均セリアで揃えた子供用の粘土遊びの道具

セリア 粘土遊びセット

ねんどケース」、「4本のへらセット」、「あぶらねんど」、「トレー」です。

私が行ったセリアには、ねんど板がペラペラの薄いものしかなかったので、どうしようかと迷った結果、大きめのトレーを買いました。

ダイソーには違うねんど板があるようなのですが、近くになくて、取り急ぎ、これで間に合わせたという感じです。

ですが、意外に、このトレー使えました!

こねこねしても、重さがあるので安定感があり、動きづらいです。

また、ねんどをくずのようにして遊ぶ娘ですが、縁が立ち上がっているので、ねんどを床に落とす割合が減っていると思います。

この縁が遊ぶのに邪魔になるかなと思いましたが、そんな様子はなく、楽しんで遊んでいます。

4歳になったばかりで、今はこまごましたことが好きなようですが、遊びの内容が変われば、もしかしたらこのトレーだと小さいと感じるようになるかもしれません。

それまでは、とりあえずこれでいいかなと思っています。

また、ダイソーも覗いてこようとは思っていますが。

粘土遊びと道具

既に使用済みですが、粘土を下に入れても、へらを上に入れて収納できます。

ひとまず、このセットで十分楽しんでいるようでした。

写真にも写っているように、粘土を大きく固めるのではなく、小さくへらで刻んだり、穴をあけたりしていました。

熱中している様子を見て、やっぱり粘土板で押し型模様をつけたり、型抜き遊びもさせてあげたいなと思うようになりました。

 

調べていて、ちょうどおままごとが好きな娘にぴったりな、「ねんDo! ねんどでおべんとうセット」を見つけました。

こまごまとした道具もついているし、これを購入してみました。

ねんDo! ねんどでおべんとうセットのレビュー

ねんDo! ねんどでおべんとうセット外箱の様子

ねんDo! ねんどでおべんとうセット

外箱の様子です。

この箱の楽し気な様子にひかれました。

 ねんDo! ねんどでおべんとうセット外箱

どんなものが入っているかやどんな風に遊べるかが、紹介されています。

ねんDo! ねんどでおべんとうセットの中身

ねんDo! ねんどでおべんとうセット

これが箱の中に入っているすべてです。

お手頃価格ながら、とりあえず遊ぶのにはじゅうぶんそうです。

こむぎねんど6色セット

こむぎねんど6色セット

少し多めのしろと、マゼンタ・きいろ・あお・みどり・ちゃいろの6色セットです。

小麦と塩でできている、安心なこむぎねんどです。

あけて触ってみると、とてもやわらかくて扱いやすいです。

このセットの対象年齢は3歳以上ということですが、小さい子でも楽に扱えるやわらかさで、すぐに粘土遊びを楽しめます。

油粘土は、大きい塊で最初硬い硬いといっていましたが、このねんどは最初からやわらかいです。

 

それと、娘は「ホットケーキみたいなにおいがする~」といっていました。

クッキーの生地のような、ほんのり甘い香りがします。

油粘土とは違うところですね。

 

あと、手にくっつかず、ベタベタした感触もなく、不快感がないです。

ねんど板等の道具からも、外しやすいです。

ただ、乾燥には弱いので、しっかり管理はしたほうがいいと思います。

小さいくずを放置しておくと、カピカピになっていました。

ねんどぅーばん

ねんど版

ねんどぅーばん」です。

サイズは、約12×18㎝。

最初のうちは、粘土を取り外すのがむずかしいと思いますが、少しずつコツを覚えてくると思います。

 

かためんぬきがた2種

かためんぬきがた1

かためんぬきがた(オレンジ)」です。

サイズは、約9.2×12.8㎝。

くまのおにぎり、タコさんウィンナー、エビフライ、ポテト、コロッケ、オムレツです。

かためんぬきがた2

かためんぬきがた(水色)」です。

おにぎり、ハンバーグ、プチトマト、ミートボール、ブロッコリー、ぎょうざ、からあげです。

その他の道具

その他の道具

「おべんとうばこ(しきりつき)」、「たこさんミニおしだしき」、「のばしぼう」、「ヘビくんヘラ」です。

おべんとうばこのサイズは、約7.7×10.7㎝。

この道具の中で、親として管理がちょっとめんどくさいなと思うのは、「たこさんミニおしだしき」ですね^^;

たこさんミニおしだしき

想像がつくと思いますが、使った後の掃除です。

きれいにとりやすい粘土とはいえ、小さい器具の中にはりつくので、最初はどうきれいにしようかと思いました。

最終的には、ヘビくんヘラのしっぽの方と、つまようじを使って、それなりにきれいにする方法に行き着きました。

違う色の粘土をいれたがると、その都度掃除になるので、ちょっと面倒ですね。

 

あと、まだ娘の力では、ねじって押し出すのが難しくて、最初少し押し出したらやってと頼んできます。

そういう意味では、まだ完全に一人で扱えないので、一緒に遊べる時に使う道具ですね。

あそびかたブックとビニールシート

あそびかたブックとビニールシート

「あそびかたブック」と「ビニールシート」です。

8ページのミニ冊子ですが、コンパクトにどんな風に遊べるかが説明されています。

ビニールシートもあって、買ってすぐに使えるので便利でした。

⇒次のページでは、『自宅での粘土遊びで気を付けたほうがいいこと』を紹介。

次のページへ >



おすすめ記事と広告

-おもちゃ, 100円ショップ
-,

Copyright© ゆるシャキLIFE , 2019 All Rights Reserved.