ゆるシャキLIFE

日々の暮らしにまつわるモノ・コトをお届けするライフスタイルメディア。

エンタメ

吉田羊蹄類とは?吉田蹄は香川照之?意味を調べた!【ぴったんこカンカン】

投稿日:2019年6月21日 更新日:

2019年6月21日(金)19時00分~20時57分にTBS系列で「ぴったんこカン・カンスペシャル【吉行和子&冨士眞奈美/香川照之&吉田羊他】」が放送されます。

この番組の中で登場するのが、人気俳優の吉田羊香川照之です。

2人は、BS-TBSで東京近郊など日本各地の酒場を紹介する「吉田類の酒場放浪記」の酒場詩人・吉田類と一緒に出演します。

その中で登場する言葉が「吉田羊蹄類」です。

「吉田姓」2人が出演しますので、吉田羊の「羊」と吉田類の「類」は分かるのですが、吉田蹄とは誰の事でしょうか?

そこで今回は、この吉田羊蹄類について調べてまとめました。

吉田羊蹄類という言葉は何で生まれたの?【ぴったんこカンカン】

まず、吉田「羊蹄類」という言葉は、どうやってできたのでしょうか?

その答えは、今年2月1日に放送された「ぴったんこカンカン」の放送の中で誕生しました。

この時、香川照之は、TBSの安住紳一郎アナウンサーと吉田羊が待っている場所に、酒場詩人・吉田類のモノマネをして登場しました。

「吉田類の酒場放浪記」の大ファンということで、香川照之が、ハンチング帽とサングラス姿で登場し、その中で、吉田羊から「類さん!」と声をかけられます。

これに対し、モノマネをしていた香川照之の答えが…

「(吉田)類じゃないんだよ、俺は! 」

さらに「今日から僕は…あなたは羊さん、あの方は類さん。僕は間をとって、蹄(てい)さんにします!」と名乗ります。

そして「羊・蹄・類、この3人でやってくれよ!」と熱く語り、その後も、吉田類のモノマネをしながら番組が進んでいきました。

つまり、この時の香川照之の発言の中で「吉田羊蹄類」という言葉が誕生しました。

吉田羊蹄類という言葉の意味は?【ぴったんこカンカン】

では、次に、この吉田羊蹄類の「羊蹄類」という言葉は、どういう意味なのでしょうか?

特に、この言葉を作った時に言っていた香川照之のセリフ「僕は間をとって、蹄(てい)さんにします!」とは、どういう意味なのでしょうか。

これは、おそらくですが、「羊蹄(ようてい)」という言葉と、「蹄類(ているい)」という言葉をくっ付けた造語だと思います。

まず、羊蹄とは、タデ科の多年草の一種である「ギシギシ」の漢名です。

このギシギシの画像が、こちら↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#庭に生えてた雑草シリーズ #ギシギシ #雑草四天王

Kent Usuiさん(@kentusui)がシェアした投稿 -

見たことがあるような、無いような…そんな雑草ですね。

このギシギシは6月~8月頃に花を咲かせる雑草で、茎をすり合わせるとギシギシという音を出すことから、この名が付いたとも言われています。

また、その根は生薬として、緩下剤や皮膚病の塗り薬として使われることもあります。

では、次に、蹄類という言葉は、どんな意味があるのでしょうか?

次のページへ >


おすすめ記事と広告

-エンタメ
-, ,

Copyright© ゆるシャキLIFE , 2019 All Rights Reserved.